失業手当の手続きについて

仕事

失業手当とは

失業手当は雇用保険の制度の中の失業給付制度というものです。

雇用保険に加入していた方でいくつかの条件を満たしている方に、就職活動に専念できるように手当が支給されます。

失業手当の受給期間と支給日数

失業手当の支給日数

失業手当が支給される日数は、退職時の状況によって異なります。

こちらに関してはハローワークのサイトに明記されていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

『ハローワーク-失業手当の支給日数』

失業手当の受給期間

失業手当を受給できる期間は、原則原則として離職した日の翌日から1年間になります。

※支給日数が330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日になります。

失業手当を受給するための手続き

1.自身が住んでいる地区の管轄のハローワークで求職の申し込みを行う。
2.求職活動を行う。(初回は職業講習会の案内があるので、職業講習会に参加すれば問題ありません。)
3.失業手当の受給説明会に参加する。

手続きの際に気を付けること

・手続きの際に書類の不足や、記載内容に不備がある場合、再度手続きを行う等の利用者の方、ハローワークの方、両者にとって二度手間になってしまいます。手続きの際に行かれる際、書類を郵送する際は必ず持ち物や記載内容の再確認を行うようにしましょう。

・持ち物や記載内容に疑問等がある場合は、自身の地区の管轄のハローワークに電話で相談してみましょう。

不正受給

失業手当の不正受給をした場合は、それ以降失業手当を給付できなくなり、今まで受け取っていた金額+受け取っていた金額の2倍(合計で3倍)の金額を返還することになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました