失業手当の受給期間延長について

仕事

失業手当って何?っという方はこちらの記事を参考にどうぞ
失業手当とは?失業手当の受給方法

受給期間と支給日数の違い

受給期間は失業手当を受け取れる期間

支給日数は実際に支給される日数です。

受給期間を超えてしまうと支給日数が残っていたとしても、失業手当を受給することができなくなります。

失業手当の受給期間

失業手当の受給期間は原則として離職した日の翌日から1年間となります。
※失業手当が支給される日数が330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日になります。

失業手当の支給日数

失業手当が支給される日数は、退職時の状況によって異なります。
こちらに関してはハローワークのサイトに明記されていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

『ハローワーク-失業手当の支給日数』

受給期間延長に該当するケース

失業手当の受給期間の間に病気、けが、妊娠、出産、育児等の理由によって30日以上連続して働けなかった場合は、その日数分だけ受給期間を延長することができます。

※ただし受給期間が延長できるのは最長で3年間となります。

受給期間延長の方法

受給期間を延長したい場合は上記の理由により連続して30日以上働けなかった日の翌日以降、管轄のハローワークに早めに申請をするようにしましょう。

受給期間を過ぎてしまった場合、延長することができなくなってしまいます。

手続きをする際の注意点

・受給期間を過ぎてしまうと受給期間延長ができなくなってしまうので、手続きは必ず受給期間内に行うようにしましょう。

・手続きの際に書類の不足や、記載内容に不備がある場合、再度手続きを行う等の利用者の方、ハローワークの方、両者にとって二度手間になってしまいます。手続きの際に行かれる際、書類を郵送する際は必ず持ち物や記載内容の再確認を行うようにしましょう。

・持ち物や記載内容に疑問等がある場合は、自身の地区の管轄のハローワークに電話で相談してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました